行政書士の開業ブログ

行政書士の日常やお仕事などの行政書士にまつわる雑多ブログです。

常識は覆すもの

 

どうも!

 

行政書士のぴかりんです!

 

行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!

 

行政書士は法律を扱う職業なので、色々と気を使う場面もあります。

 

また、士業には職域が存在するので、そこも守らなければなりません。

 

業際を侵さないのは当然ですが、行政書士の中には同じ行政書士に対して、あれは駄目、これは駄目と色々言う人がいます。

 

しかし、常識に囚われているばかりでは行政書士としての価値は半減すると私は思います。

 

時には常識に囚われず柔軟に対応する必要があります。

 

社会や会社のルールは破るといろんな人に迷惑がかかります。

 

しかし、業界の常識を破ると、お客様が喜びます。

 

お客様に喜んでもらうには、常識ばかりに囚われず、柔軟な対応が必要なのです。

 

 

あくまでも社会のルールの範囲内で。

 

私たち行政書士はサービス業だと言われるようになりました。

 

サービス業である以上は、お客様のことを一番に考え、行動していく必要があります。

 

時には法律の解釈を別な角度から見て柔軟に対応することも必要だと思います。

 

法律の解釈を無理やり捻じ曲げて、自分たちの都合のいいように解釈するということではありません。

 

私たち行政書士は行政庁とのやりとりが多いわけですが、お客様や行政庁、互いのメリットになることであれば柔軟に対応していくのが良いので、そこは行政書士の腕の見せ所なんです。

 

また、営業方法やサービススタイルも従来の方法に固執する必要は全くありません。

 

むしろ時代の流れに合わせて変化させていく方が正しいと言えるでしょう。

 

行政書士業界は年齢層が高いので、こういった変化に否定的な人も多いのは事実です。

 

しかし、それでは行政書士業界に未来はないでしょう。

 

もちろん、今の行政書士業界があるのは諸先輩方の努力のおかげです。

 

その努力を否定したいわけではなく、若い世代も、先輩方のように努力し行政書士業界を盛り上げていこうということです。

 

先輩方は先輩方なりの方法で行政書士業界を盛り上げてきたと思います。

 

今度は、若い世代がそれを担っていくべきだと思います。

 

先輩方が築き上げた土台に乗っかっているだけでは駄目です。

 

そこをさらに進化させていくのは私たち若い世代だと思うのです。