行政書士の開業ブログ

行政書士の開業ブログです。行政書士の日常やお仕事など開業にまつわることを書いています。

スポンサーリンク

行政書士の目線

f:id:gyouseisyosi:20170825180829j:plain

 

 行政書士開業ブログへようこそ!

 

どうも!

行政書士のぴかりんです!

 

みなさんは、素人発想と庶民発想を持っていますか??

 

素人発想と庶民発想を持っていることは行政書士には重要なんです。

 

何故か??

 

私たち行政書士のお客様は、素人であり庶民の方がほとんどだからです。

 

許認可や法律に関して、詳しいわけでもなく、その道では素人なわけです。

 

なので、お客様と同じ目線に立って対応しないと、お客様は置いてけぼりになってしまいます。

 

なんだか、難しい法律用語や言葉ばかり使っていて、よくわからないな、と思われてしまいます。

 

開業当初は、そんなミスもありました。

 

そして、当たり前のことですが、私たち行政書士は、お客様よりも何倍もの知識と経験を持って接することが求められます。

 

そうでないと、お客様にとって本当に利益となる対応が出来ません。

 

その上で、お客様の目線に立って、わかりやすく説明できることが求められます。

 

これが意外と難しいものなんです。

 

自分の知識や法的なことを、誰にでも、わかりやすいように説明できるようにしなければなりません。

 

その為には、お客様がどこまで理解しているのかを把握する必要があります。

 

また、難しい要件や事項などをわかりやすく説明する能力も必要です。

 

伝えたい内容を子供にも理解できるように説明できるようにならなければなりません。

 

そして、何より、自分がそのことについて熟知している必要があります。

 

この熟知しているというのも、難しいもので、わかっているつもりでも説明しようとすると、意外とできなかったりします。

 

こればかりは、経験が必要で最初から上手くやれる人はなかなかいないでしょう。

 

何度も、お客様に説明していくうちに培うものだと思います。

 

このように、お客様にわかりやすく説明するには経験も必要ですが、何より、お客様の目線に立って伝えることが大事です。

 

正しく伝えることに囚われがちですが、お客様にとっては、わかりやすさがの方が重要です。

 

自分はわかっていて当たり前のことでも、お客様にとっては知らないことかもしれません。

 

ついつい伝えることに夢中になってしまうこともありますが、お客様の表情などを確認しながら、わかりやすく、同じ目線に立って説明することを心がけたいものです。

 

スポンサーリンク