行政書士の開業ブログ

行政書士の日常やお仕事などの行政書士にまつわる雑多ブログです。

問題の問題

f:id:gyouseisyosi:20170917180225j:plain

 

どうも!

 

行政書士のぴかりんです!

 

行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!

 

行政書士を続けていると様々な問題が起こります。

 

問題が起こって、それがなかなか解決できないのは、その問題が何なのか、わかっていないときになりやすいものです。

 

問題がわかっていないから解決できないのです。

 

文字通り、題(テーマ)を問われている状態。

 

問題を理解していないと、同じ問題が何度も現れます。

 

そんなアホな

 

と思うかもしれないが、結構ありがちです。

 

例えば、「仕事がこない」という問題があるとします。

 

なんで仕事がこないんだろう?

 

やり方が間違っているのかな?

 

量が足りないのか?

 

アピール層が間違っているのかな?

 

はい。

 

「仕事がこない」という問題についても、これだけの問題がさらに出てきました。

 

問題の問題です。

 

「仕事がこない」という問題についても、考えられる問題はいくつもあるわけです。

 

そのどこが、問題なのか?

 

一個?

 

二個?

 

全部?

 

それがわからないことも問題ですね。

 

例えば、「仕事がこない」という問題を解決しようとして「アピール層を変えよう」としたとします。

 

でも、結果は伴わなかった。

 

すると、また同じ「仕事がこない」という問題に立ち返ります。

 

じゃあ、この人はどうすれば良かったのか?

 

「仕事がこない」という原因を突き止めることが、先決だったわけです。

 

「仕事がこない」理由ですね。

 

これが、テーマだったわけです。

 

つまり、この人の一番の問題は「仕事がこない」ことじゃなく、「仕事がこない理由がわからない」ことだったわけです。

 

皆さんの問題は何ですか?