行政書士の開業ブログ

行政書士の日常やお仕事などの行政書士にまつわる雑多ブログです。

行政書士は格好いい仕事?


まいど!


行政書士のぴかりんです!


行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!!


私が、まだ受験生の頃、行政書士さんに接した時は羨望の眼差しで見ていました。


バッジをつけて、士業として活躍している行政書士が格好良く、眩しく見えたんです。


みなさんはカッコイイ仕事って何だと思います?


弁護士でしょうか?


医者?


パイロット?


IT関係?


キャリアウーマン???


では、その人たちが、だらだら仕事してたらカッコイイですか?


カッコイイ仕事はその仕事がカッコイイんじゃなくて、カッコ良く仕事する人たちのことを言うと思うんですよね。


カッコ良く仕事をするって色々ありますけど、やっぱりイキイキと働くことじゃないですかね。


嫌々やってると、それって絶対に伝わるんですよね。


それと魅せ方も大事です。


魅せ方とは仕事をしてる姿です。


僕は学生時代、飲食店でバイトしてたんですが、コックさんでも、これが当てはまるんです。


僕が今も尊敬している、当時のマネージャーが、魅せる作り方をしなきゃ駄目だと言っていました。


今は、コックさんでもお客様の前で料理する店が多いですよね。


コックさんも、魅せる作り方をしないと駄目なんです。


同じように作っていても、コックさんによって魅せ方が全然違います。


どのジャンルかにもよりますが具体的には、ダイナミックに素早く作るのが、プロっぽい仕草です。


ちまちまと作っていると、あまり美味しそうに見えないんですね。


それがよくわかるのが、タレントさんがやっている料理番組です。


料理好きなタレントさんでも、作り方、魅せ方が全然違います。


本当に料理が好きで、上手なんですけど、魅せ方がプロっぽい人、プロっぽくない人がいます。


例えば、オリーブオイルの入れ方や胡椒の振り方。


これがダイナミックで躍動感があると、なんかプロっぽく見えますが、ちまちまやってると、家庭の料理っぽくなってしまいます。


これを言うと、仕事してる風に装っているとか、自分を作ってる感じで嫌だという人もいます。


まぁ、それも一理ありますが、やっぱり、そういう仕草ってお客様とかにも伝わるんですね。


行動が遅い、声が小さい、覇気がない、目が死んでる、こういう小さなことでも、お客様には伝わります。


みなさんも、お客さんの立場になると、そういうのが気になったりしません?


だから、嘘でも、装ってもいいから、イキイキと働くことが大事だったりするんです。


私の尊敬する行政書士は、常に全力でストイックです。


もう真似は出来ないな、というくらい。


そういう真剣さというか、真摯な姿勢って、絶対にお客様に伝わります。


お客様としても、そういう人に仕事を頼みたくなるはずです。


だから、私も常に全力を心がけています。


そして、ちょっとした仕草や言葉遣いなども気をつけています。


士業と言えども、お客様商売ですからね。