行政書士の開業ブログ

行政書士の日常やお仕事などの行政書士にまつわる雑多ブログです。

行政書士と業務委任契約書

まいど!


行政書士のぴかりんです!


行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!!


行政書士は業務を受任する時に、「行政書士業務委任契約書」というものを締結します。


主な内容は、委任内容、報酬、解約などについての書面です。


大抵の方は、契約を締結していると思いますが、なかにはしていない行政書士もいます。


何を隠そう、私も新人の頃は締結していませんでした。


お客様との信頼でやっていたので、特に契約書は交わさなかったのです。


しかし、それで私は痛い目に遭いました。


まぁ、それほど大したことではなかったのですが、遺言書作成の件でお客様がコロコロ気が変わるんです。


「作成をやめたい」


「やっぱり作成したい」


この繰り返しで、なかなか前に進まない。


公証役場で打ち合わせした後に「やっぱり作成をやめたい」と言い出したり、最終確認をしても、「やっぱり作成するか迷っている」と、こちらとしても困った経験があります。


こちらとしても無理やり作るわけにはいかないので、丁寧に対応しましたが、この経験から私は契約書を締結することにしました。


この時は、最終的に作成することになったのでよかったですが、作成を断念されていたら、それまでの苦労は何だったの?となってしまいます。


そういうこともあり得るので、きちんと中途で契約を解約したときのことなども盛り込んで、締結しておくことをおすすめします!