行政書士の開業ブログ

行政書士の開業ブログです。行政書士の日常やお仕事など開業にまつわることを書いています。

スポンサーリンク

仕事は黙ってても来ない

まいど!

 

行政書士のぴかりんです!

 

行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!

 

 

行政書士を開業して一年目の頃、思ったのが・・・

 

「仕事は黙っていても来ない」

 

ということ。

 

当たり前なんですけどね。

 

しかし、開業当初は、どんな営業をして良いのかわからずにいました。

 

営業活動はしていましたが、いまいち手応えはない。

 

そんな状況でしたから、仕事はほとんどありませんでした。

 

しかし、地道な活動を続けていくうちに、ぽつりぽつりと仕事が入るようになってきました。

 

本人も忘れてしまったような営業で、暫く経ってから、連絡が来たこともあります。

 

なので、どんな営業でも良いので、何かしら動き続けることが大事なんです。

 

行政書士はサラリーマンとは違い、黙っていても仕事が与えられ、給料が入ってくるものではありません。

 

仕事は自分で取ってくるのです。

 

とにかく動いて取ってくるのです。

 

多少、厚かましくても構いません。

 

ただ待っていてはライバルに取られていくだけです!

 

私は営業には「静」と「動」があると思います。

 

「静」は待ちの状態です。

 

例えば、ホームページを作ったり、チラシや広告です。

 

これらは自分で仕掛けて、お客様が反応するのを「待っている」状態です。

 

「動」は、飛び込みや電話など、お客様と直接対応して行う営業です。

 

この「静」と「動」は表裏一体です。

 

どちらかが欠けてもダメです。

 

例えば、チラシを配り、お客様からの反応があったとします。

 

色々、説明し、今回は検討するとなったとします。

 

その後、お客様からの連絡を待っていてはダメです。

 

こちらからも動くのです。

 

お客様に連絡してみたり、他の提案をしたり、何かしらのアフターフォローをするのです。

 

せっかく、お客様からの反応があったのですから、それを繋ぐのです。

 

「動き続けること」

 

「繋ぎ続けること」

 

この2つが大事です。

 

お客様とのパイプを作り続けること。

 

アフターフォローをしたから、必ず、成約に繋がるわけではありません。

 

やはり、今回はなかったことに、ということもよくあります。

 

しかし、それでも繋がり続ければ、他の仕事が来ることもあります。

 

営業の経験がない、という方は、とにかく営業に関する本を読んでみて下さい。

 

最低、五冊は。

 

その中で、「これは!」と思うことを実践してください。

 

実践して、改善する。

 

そして、また本を読んで実践する。

 

このサイクルを続けてみましょう。

 

いいですか。

 

ここが大事です。

 

本を読んだら、必ず「実践」してください。

 

本を読んで、「なるほどー」と納得して終わりではダメですよ!

 

本を読んで、実践し、改善する。

 

この経験が大事です。

 

経験だけが、自分の血となり肉となります。

 

それこそが自分の武器となります。

 

実践し、改善し、その経験をたくさんして、自分だけのオリジナル営業法を見つけましょう!

 

 

完全無料で士業事務所の情報掲載【エキテンプロ】

 

 

名入れボールペン・ノベルティ・販促品の専門店! 送料・版代無料!

 

 

オフィス家具インテリア雑貨メーカー直営アール・エフ・ヤマカワ公式通販

 

 

法人・個人向け総合通販サイト KILAT(キラット)

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク