行政書士の開業ブログ

行政書士の開業ブログです。行政書士の日常やお仕事など開業にまつわることを書いています。

スポンサーリンク

感情を動かす

まいど!

 

行政書士のぴかりんです!

 

行政書士の開業ブログへお越し頂きありがとうございます!

 

行政書士の業務を行っていると、気分が乗らない仕事なんかも出て来ます。

 

苦手な分野だったり、かなり面倒な手続きが必要だったり。

 

そんな時でも、きちっと業務をこなしていかなければならないのは当然です。

 

忙しい時には、他の行政書士の先生にお願いすることもありますが。

 

また、業務によっては、感情的になる業務もあります。

 

離婚や相続などなど。

 

しかし、行政書士は感情で仕事をしてはいけません。

 

依頼人が感情的になることはあっても行政書士はあくまでも冷静に対処する必要があります。

 

そうでないと、適切な判断ができませんし、業務を逸脱する恐れもあります。

 

しかし私は感情のない仕事もしてはいけないと思っています。

 

感情というより、想いと言った方がいいかもしれません。

 

感情や想いは仕事においては動かされるものであってはなりません。

 

感情は自分で動かすのです。

 

つまり、感情を自分でコントロールするのです。

 

気分が乗らないときでも、感情を奮い立たせ、業務にあたる。

 

依頼人により、感情的になりそうな時でも、自分をコントロールする。

 

行政書士を開業すると、このような自分の感情のコントロールが大事になってきます。

 

開業しても、なかなか上手くいかなかったり、仕事でミスをしてしまった時など、落ち込むこともあるでしょう。

 

そんな時でも、自分の感情を奮い立たせ、前向きに行動していくのです。

 

初めは難しいですが、コツを掴むと案外、簡単です。

 

自分はどんな時に感情を奮い立たせることが出来るのか、また、マイナスな感情になってしまった時、どうすれば立て直すことができるのか、よく自分自身のことを観察して見て色々と試してみてください。

 

きっと、あなただけの感情コントロール方法が見つかるはずです。

 

ちなみに、私にも自分の感情をコントロールする方法があります。

 

それは「理念」を思い返すことです。

 

私は開業する時に、事務所の理念を掲げました。

 

たいそうなものではありませんが、この理念に私は何度も助けられました。

 

理念とは、「何故、自分は開業したのか」、「何故、行政書士となったのか」といった根本的な事柄です。

 

この理念がしっかりしているほど困難を乗り越える力となります。

 

もし、まだ理念を決めていない方は是非、理念を掲げてみてください。

 

そして、迷う時があれば、その「理念」を思い返してみてください。

 

きっと、あなたを照らす道となるはずです。

 

名入れボールペン専門店「イーペン.JP」販促

 

 

最新インク型番から生産終了型番まで、業界No.1の品揃え!インク革命.com

 

 

 

 

 

スポンサーリンク