行政書士の開業ブログ

行政書士の開業ブログです。行政書士の日常やお仕事など開業にまつわることを書いています。

スポンサーリンク

行政書士としての目標は高く!

f:id:gyouseisyosi:20170825182741j:plain

 

行政書士開業ブログへようこそ!

 

どうも!

行政書士のぴかりんです!

 

 皆さんは目標ありますか??

 

開業してから、「こうなりたい!」という目標は立てました??

 

学校の頃は、よく目標を立てるように言われましたよね。

 

でも、大人になるとなかなか目標を立てる機会はないと思います。

 

しかし!

 

目標はもった方がいいです!

 

しかも、その目標は高ければ高いほど良い!

 

というのも、目標って、掲げてもその通りに実現することってなかなかないんですよね。

 

例えば、幼少期から「メジャーリーガーになる!」という目標があったとしても、実際は日本のプロ野球どまりだったりするわけで、「総理大臣になる!」って目標があっても、県議会議員どまりだったり。

 

でも、よく考えると、それでもすごいですよね?

 

プロ野球でもすごいわけです。

 

県議会議員でもすごいわけです。

 

つまり、目標を立てたからといって、その目標を必ずしもクリアできるとは限らないですが、それでも目標に近づこうと努力するのことによって必ず成長はできるんです。

 

そして、その目標が高ければ高いほど、例え、目標に到達できなくとも、成長度合いは高いのです。

 

逆に目標が低ければ、目標を達成したとしても、成長度合いも低いわけで、その低い目標に到達できなければ、着地点はさらに低くなるわけです。

 

これは行政書士にも言えることです。

 

行政書士を開業し、その目標が低ければ低いほど、目標を達成出来なければ、着地点も低くなります。

 

例えば、「人並みに稼げるくらいでいいや」という目標の人は、案外、人並みに稼ぐことが難しかったりします。

 

逆に「年収2000万円!」などという目標を持っている人は、仮に目標に達成できなくても、年収1000万円には到達しちゃったりするわけです。

 

もう1つ例を。

 

10分で50キロメートル先に行こうとしている人と、同じく10分で1キロメートル先に行こうとしている人がいたとします。

 

50キロメートル先に行こうとしている人は10分しかありませんから、なんとか10分で行こうと、色々な手段や方法を考えると思います。

 

仮に達成できなくても40キロメートルか30キロメートルは達成するかもしれません。

 

逆に1キロメートル先に行こうとしている人は、歩いても行けそうな感じですよね。

 

特に、あれこれ考えることもないでしょう。

 

高い目標を立てる人は、その目標を達成する為に色々考えます。

 

逆に、低い目標の人は、それほど考えることはありません。

 

こういう差が生まれてくるのです。

 

年商1億などと高い目標を立てると、それを実現するにはどうしたらいいのか考えます。

 

しかし、年商1000万円の目標を立てた人は、1000万円を稼ぐ方法は考えますが、1億稼ぐ方法は微塵も考えないと思います。

 

そして、もし目標を達成できなくても、その着地点にも大きな差が生まれてくるのです。

 

お金の話ばかりになりましたが、収入以外の目標でも同じことが言えます。

 

開業後の目標は高ければ高いほど、それに向かって努力を重ねれば、大きな成長が望めます。

 

注意して頂きたいのは、目標を立てるだけでは駄目ですよ。

 

当たり前ですが、その目標を実現する為にどうしたら良いのか考え、行動し、努力することが重要です。

 

 

 

スポンサーリンク